トップへ戻る日本酒メニューへ戻る

日本酒度・酸度について



 最近日本酒好きの仲間入りをしたけれど、よく目安に表示してある
 「日本酒度」や「酸度」て、何?と思っていらっしゃる方は
 多いかと思いますので、簡単にご説明させて頂きます。

 日本酒度と酸度はあくまでも味わいについての目安であり、
 実際に舌の上で感じる味わいとは印象が異なる事も多々ございます。
 これは日本酒に含まれるさまざまな成分によるもので、
 数字だけでは、なかなか味については語れないものだということを
 あらかじめお知らせしておきます。^^


▼ 日本酒度について

 日本酒度とは、日本酒の甘口・辛口を判断する尺度で、酒に浮かべて測る
 日本酒度計を使い摂氏4℃の水の重さ(比重)を±0とし、これより比重が
 大きい(重い)お酒にはマイナス、小さい(軽い)ものにはプラスがつけられます。
 これにより、糖分が多いお酒(甘口)ほど重いためマイナスの数字が大きくなります。
 逆に糖分が少ない(辛口)ほど軽いためにプラスの数字が大きくなります。
 目安としては、プラス2前後のお酒が中口のお酒だといわれます。

▼ 酸度について

 酸度と付くからには、これは日本酒の製造過程で酵母や麹、米から発生した
 乳酸・コハク酸・クエン酸・リンゴ酸等の酸の量を表したものです。
 しかしながら、酸が多い=そのまますっぱいということではありません。
 酸には味を引き締める働きがあり、酸が少ないと、酒の味にキレやハリ、
 コクが無くなり、ボヤけた味わいになってしまいがちです。
 日本酒の甘い・辛いは日本酒度だけでは、なかなか判断がつかないもので、
 この酸度の数値もふまえて判断されます。日本酒度がマイナスの酒は、
 酸度が高い方が、味に旨みと爽快感が出ますし、日本酒度がプラスに切れる
 酒は、酸度が低いと淡麗辛口のすっきり感が出ると言われているようです。




@このページに関するご意見ご希望はメールでどうぞ@
当サイトの無断複写・転写は厳禁です。ご一報下さい。