トップページへワインメニューへフランスワインリストへかごの中身を見る買い物かごがうまく動作しない場合のご注文ご注文方法

テロワール・ボーギュス(TERROIRS BOGUS)


 ラシーヌさん扱いのチリの自然派生産者です。
 南仏のピックサンルーで長年ナチュラルワインを造ってきた
 クリストフ・ボー氏がオーナーを務めるワイナリーです。
 もちろんナチュール系のワインですが、価格もリーズナブルで
 安定感のある素朴な美味しさを持つワインです。
 是非、お試しくださいませ!!


 以下インポーター資料より抜粋

 ドメーヌについて
 ドメーヌ創業年:2011年 ドメーヌ解説
 オーナーのクリストフ・ボーは、
 南仏のピクサンルーで長年ナチュラルワインを造ってきた。
 ルネサンス・デ・アペラシオンにも初期から参加しており、
 彼のチリへの取り組みは1980年代に始まった。
 NGOの活動として農業の実態調査と助言の為に
 やってきたのが最初で、ワインを造るようになったのは
 2011年からのこと。2014年までは、現地の友人
 (ワイナリー経営者)の畑とセラーを間借りして、
 栽培醸造を行っていた。
 場所は、サンティアゴとヴィーニャ・デル・マールの間に
 位置する山間部。森に囲まれた、ほとんど雨の降らない
 地域である。また森の残っている地域のため鳥害や虫害が
 甚大であり、買いブドウで醸造をしなければならない
 こともある。2014年11月に建てた新しい醸造所は、
 エコ・アーキテクト(エコ建築)という考えに則っている。
 使用されているのは、土と藁と木のみであり、
 簡素ながら素晴らしいセラーである。
 現在は未入荷だが、牛の皮の醗酵袋で醸造を行っている
 キュヴェもあり、とてもユニーク。年に数ヶ月分は南仏の
 ワイナリーへ醸造などのために帰り、本格的なチリ暮らしは、
 2015年からのこと。新しくパイスを植えたが、理想は他の
 果樹も育てながら、少量のワインを造って行きたいと
 話している。

 畑について
 栽培方法: ビオディナミ
 その栽培方法の開始時期:1985年
 その栽培方法を適用している畑名:全ての畑で適用
 土壌:花崗岩
 自社ブドウ畑面積:1.5ha
 栽培ブドウ品種:パイス、シャルドネなど
 主な仕立て方法: ゴブレ式

 以上インポーター資料より抜粋



02839

 チリ/バルパライソ
 ピストレロ2011テロワール・ボーギュス

 ピノ・ノワールをメイン(85%)で造られる
 カジュアルなワインです。ピノノワール主体
 と言っても、ブルゴーニュのような
 エレガントなイメージでは無く、素朴で
 心地よい美味しさがジワジワと伝わって
 くるようなイメージです。どちらかというと
 ルイ・ジュリアンを飲むような感覚で
 楽しみたいワインです。旨みもあって
 柔らかで、そして心地よいタンニンが
 味わいを纏めてくれます。
 コストパフォーマンスも良いですので、
 是非、カジュアルにお楽しみくださいませ!
 おすすめです。

 以下インポーター資料です。

 土壌:花崗岩
 畑の標高:100m
 栽培面積 :2ha
 仕立て方法: コルドン・ロワイヤル式
 品種:ピノ・ノワール(85%)、メルロー(15%)
 平均樹齢:25年
 収穫量:35hl/ha

 醸造について
 マセレーションの有無:あり
 マセレーション期間:18日間
 酵母の添加有無:なし
 醗酵容器:コンクリートタンク
 アルコール醗酵期間:18日間
 醗酵温度:20から22度
 熟成容器:コンクリートタンク
 濾過:なし
 清澄: なし
 SO2添加のタイミングと量:
 醗酵中に4r/L、ビン詰時に2r/L
 年間生産量:6,000本

 このVTのコメント:
 高いアルコールの度数と果実味の強さの
 バランスが良いワイン

 ワイン名の由来:
 Pistoleroとはスペイン語で
 「ガンマン(銃撃者)」の意味。
 微発泡かつ血のような鮮紅色が特徴。


 (インポーター:ラシーヌ)

(赤)750ml
1,760円
(税別)
※消費税が別途加算されます
完売



@このページに関するご意見ご希望はメールでどうぞ@
当サイトの無断複写・転写は厳禁です。ご一報下さい。