トップページへワインメニューへフランスワインリストへかごの中身を見る買い物かごがうまく動作しない場合のご注文ご注文方法

クレメンス・ブッシュ(CLEMENS BUSCH)


 こちらはラシーヌさん扱いのドイツワインです。

 クレメンス・ブッシュ氏は、モーゼルでリースリングを
 手がけており、急斜面にはりつくブドウ畑を
 受け継いだ27年前から敢然と自然農法に挑み、
 今ではモーゼルはもとよりドイツでも最上の
 有機生産者に数えられています。

 ファーストヴィンテッジ:1975年
 地区:Mosel モーゼル、ピュンダリッヒ村
 栽培品種:リースリング
 自社畑面積:13ha ピュンダリッヒャー・マリエンブルグ
 醸造:野生酵母で時間をかけて木樽発酵。
 一番大切なのは、必要なだけ時間をかけること。

 クレメンス・ブッシュ氏曰く
 「私の所有する畑はピュンダリッヒャー・マリエンブルグ
 と言います。急斜面のブドウ畑ですが、この畑を私の
 一族はすでに数え切れないほど長年に渡って
 世話してきました。私達の住んでいる生産地域で
 はよく、幾世代にも渡ってワイン造りをおこなってきた
 と言う話を聞きますが、昔はブドウだけではなく
 他にも農作物を作って自給自足しているのが普通
 でした。そして昔の人がワインを造っていたのは、
 特に条件に恵まれた急斜面の畑でした。そこでの
 ブドウ栽培は非常に手間がかかったことは、昔は
 機械がなかったことを考えればわかります。
 それほど多大な労力をかけてまで、そこにブドウ畑を
 作ってきたのです。私達の祖先がそうした困難にも
 かかわらず、優れたワインを収穫するために
 急斜面に葡萄畑を造り、それを今、私達が受け継ぎ
 守り続けていることを、大変誇りに思っています。
 しかし50年ほど前から、ワインは経済的な意味を
 持ち始めました。そして本来ブドウの栽培には
 向かない平地にもブドウ畑が増えました。
 平地の畑は機械が使えますから農作業も楽ですし、
 収穫量も高めることができます。しかしながら
 私の父は急斜面のブドウ畑を大切にして、
 平地の畑に切り替えるのではなく、
 リースリングに向いた畑をさらに増やしていくことを
 第一に取り組んできました。

 〜インポーター資料より抜粋〜


現在こちらの造り手の在庫はございません。


@このページに関するご意見ご希望はメールでどうぞ@
当サイトの無断複写・転写は厳禁です。ご一報下さい。