トップページへワインメニューへフランスワインリストへかごの中身を見る買い物かごがうまく動作しない場合のご注文ご注文方法

Cyril Alonso(シリル・アロンゾ)


 〜以下インポーター資料より抜粋〜
 シリル アロンゾ <Cyril Alonso>
 フランスの自然派醸造家の中でも、最後まで謎に包まれている
 人物が、シリル アロンゾではないでしょうか。

 かつてアロンゾは、ジュネーヴ近くのシャンベリィで、今では
 幻となったワイン、「ヴィーニュ ウーヴリエ」(=忘れられたブドウ)
 を、1998年産まで造っていました。ピノノワール100%から
 造られるそのワインは、まるでピエールオヴェルノワを思わせる
 ほど、エレガントで深みがあり、本当に自然な味わいでした。
 その後さまざまな事情から生産者を退き、スイスのネゴシアン
 でバイヤーとしてクオリティワインを発掘する仕事に従事して
 きました。そしてアロンゾは独立し、生産者としてはマルセル・
 ラピエールとの共同作業であるロゼのペティヤン「?」を造り、
 一方で真にクオリティ高いワインを発掘して世に送り出すべく
 「アンセトラ社」を立ち上げました。


現在こちらの造り手のワインの在庫はございません。




@このページに関するご意見ご希望はメールでどうぞ@
当サイトの無断複写・転写は厳禁です。ご一報下さい。