トップページへワインメニューへフランスワインリストへかごの中身を見る買い物かごがうまく動作しない場合のご注文ご注文方法

ドミニク・ミュニュレ(Dominique Mugneret)


 名門ミュニュレ一族のホープ「ドミニク・ミュニュレ」。
 薄旨のスタイルが好きな方は、絶対にはまる
 美味しさだと思います。お試し下さい!!

 1935年にマルセル・ミュニュレによってヴォーヌ・
 ロマネに設立されたこのドメーヌは、1985年に父ドニと
 ともに本格的に自社ビン詰めを開始した3代目
 ドミニク・ミュニュレの下で大きく発展を遂げ、今日、
 ヴォーヌ・ロマネの名門のひとつに数えられるまでに
 なりました。

 2002年、フェルマージュの返却期限を迎えた
 リシュブール、クロ・ド・ヴージョ、ニュイ・サン・ジョルジュ
 一級レ・サン・ジョルジュを、ドメーヌを継承したばかり
 のティボー・リジェ・ベレールに返却した際は
 大きな話題となりましたが、そこは名門、今日も
 ロマネ・サン・ヴィヴァンやエシェゾーを筆頭に錚々たる
 畑を擁し、素晴らしい作品を造り続けています。

 「ぶどう樹が命ずるひとつひとつの仕事を、ゆっくりと
 丁寧に、確実に行う」ことを旨とするドミニクは、
 「ヴォーヌ・ロマネで最も長く畑にいる男」とも言われ、
 6月の開花〜収穫までの最繁期は言うまでもなく、
 ぶどうの休眠期にあたる1月〜2月の冬季剪定作業や、
 続く3月〜5月の多種多様なキャノピー・マネジメント
 にも精魂を込め、奥義を尽くしています。
 醸造20周年目を迎えた2005年には、100%の除梗、
 ピジャージュを減らしルモンタージュを増やす、
 マセラシオン時の温度を低めに保つ、樽の焼き加減を
 弱くする、といった醸造上の大きな改革を行い、
 以降、極めて上品で優美なスタイルを志向するように
 なりました。彼のワインは、超一流の造り手の円熟期の
 作品のみに表れる、なんとも形容しがたい「色気」に
 あふれており、飲み手に生の喜びを実感させてくれます。

 厳格なリュット・レゾネ。化学肥料は一切使用しない。
 ヴォーヌ・ロマネの複数の区画でビオロジー栽培を実践。
 ヘクタールあたり28〜40ヘクトリットルの低収量 。


現在こちらの造り手のワインの在庫はございません。





@このページに関するご意見ご希望はメールでどうぞ@
当サイトの無断複写・転写は厳禁です。ご一報下さい。