トップページへワインメニューへフランスワインリストへかごの中身を見る買い物かごがうまく動作しない場合のご注文ご注文方法

エルヴェ・ルーミエ(Domaine Herve Roumier)


 「エルヴェ・ルーミエ」はルーミエ一族の新星「ローラン・
 ルーミエ」の実兄のドメーヌです。

 ルーミエ一族のダークホース的存在でしょうか?
 2004年に当主エルヴェ・ルーミエが他界してしまい、
 その存在すら危ぶまれましたが、奥さんのヴェロニック・
 ルーミエさんがしっかりとドメーヌを守っているようです。
 クラシカルで旨みの詰まったエルヴェ・ルーミエらしい
 仕上がりで、ルーミエ一族の中で最もクラシカルで
 古きよきブルゴーニュの素晴らしさを表現している
 ワインだと思います。

 「ヴォギュエの支配人を30年間務めたアラン・ルーミエの
 長男として生まれ、1978年にこのドメーヌを設立した
 エルヴェ・ルーミエは、2004年に55歳の若さで他界しました
 (ドメーヌ設立に至るまでの経緯、及びルーミエ家に
 ついての情報は、「ワイナート」第9号に詳しいです)。
 以降、妻のヴェロニック・ルーミエが、夫の意志と情熱を
 引き継いでドメーヌを運営しています。栽培、樽熟成、
 ビン詰めは、ヴェロニックとベテランの従業員達によって
 従来のエルヴェのやり方のままに行われ、醸造作業のみ、
 弟のローラン・ルーミエが担当しています。「あくまでも
 クラシックなシャンボールにこだわり続けたいのです」
 (ヴェロニック)
 〜以上インポーター資料より抜粋〜


現在、こちらの造り手の在庫はございません。



@このページに関するご意見ご希望はメールでどうぞ@
当サイトの無断複写・転写は厳禁です。ご一報下さい。