トップページへワインメニューへフランスワインリストへかごの中身を見る買い物かごがうまく動作しない場合のご注文ご注文方法

ニコラ・フォール(Nicolas Faure)


 以下インポーター資料より抜粋

 ニコラ・フォールは、元DRC社正社員で、
 現在プリューレ・ロックの栽培及び醸造を担当している
 大物新人です。DRCでは5年間栽培を担当していた
 そうです。しかもどの生産者も欲しがるDRCの使用樽を
 使って醸造しているようです。才能も確かなら、ドメーヌを
 運営する環境も整っているようです。今後目が離せない
 生産者であることは間違いありませんね!

 
 以下インポーター資料より抜粋

 アニェス・パケの下で1年間、ローヌの雄ジャン・ルイ・
 シャーヴの下で1年間の修業を終えたニコラ・フォールは、
 2010年5月にDRC社に入社。以来2015年3月に退社する
 までの約5年間にわたって、同社で栽培の仕事を全うしました。

 並行して2011年3月、ヴォーヌ・ロマネに接するニュイ・サン・
 ジョルジュ北東端のリウ・ディ「レ・ゼルビュ」の樹齢約50年
 の区画をフェルマージュによって賃借できる好機を得て、
 同年より、自身によるワイン造りを開始しました。

 栽培と醸造はDRC社の手法を随所に採り入れ、また、
 「ニュイ・サン・ジョルジュ・レ・ゼルヴュ」の樽熟成には同社の
 1から2回使用樽を使用しています
 (AOCは厳に非公開だそうです)。

 「芳香、複雑味、長い余韻の3点を追求しています」
 (ニコラ・フォール)。
 2014年には、極少面積ながらも念願の自社畑(コトー・
 ブルギニヨンとACブルゴーニュ)を取得し、正真正銘の
 ドメーヌとなりました。

 2015年3月、DRC社の共同経営者のひとりであるアンリ・
 フレデリック・ロック氏当人より熱烈なラブコールを受けて、
 氏自身のドメーヌ「プリューレ・ロック」に異動(?)する
 ことになり、以来、同ドメーヌの栽培および醸造を
 担当しています。

 以上インポーター資料です。



11581

 フランス/ブルゴーニュ
 コトー・ブルギニョン・メ・ガメイ2017
 ニコラ・フォール


 非常にナチュラル感があって柔らかく、
 それでいて奥行きのある味わいに
 仕上がっています。味わいに
 深みがあって単なるガメイの
 キュヴェとはまるで次元が違う
 ポテンシャルの高さを感じます。
 自然派的な要素も感じつつ、
 ネガティブ感はまるで無し、
 完成された味わいで文句無く
 美味しいワインです。

 (コメント2019.4 入荷時)


 以下インポーター資料より抜粋

 2014年に購入した、プレモー村内の
 区画「ラ・クロワ・ド・シュラン」より。
 0.12ha。ガメイ100%。樹齢40年以上
 のVV。ステンレスタンクで発酵後、
 12ヶ月間樽熟成。キュヴェ名の
 「メ・ガメイ」は「私のガメイ」という
 意味で、初めて自社畑を所有
 できた喜びが表現されています。

 (インポーター:ヌーヴェルセレクション)

(赤)750ml
4,100円
(税込4,510円)
完売


@このページに関するご意見ご希望はメールでどうぞ@
当サイトの無断複写・転写は厳禁です。ご一報下さい。