トップページへワインメニューへフランスワインリストへかごの中身を見る買い物かごがうまく動作しない場合のご注文ご注文方法

フィリップ・ジャンボン(Philippe Jambon)


 フィリップ・ジャンボンは自然派ワインの偉大なる異端児。
 近年ではかなり安定感(安心感)が出ています。

 フィリップ ジャンボンのワイン全てに共通して言えますが、
 国内であっても輸送などの直後は「野生的な風味」や
 「酵母のニュアンス」を強く感じる場合があります。
 ワインを十分休ませた上でお飲みください。
 また抜栓直後の風味が固く閉じこもっている際は、
 そのまま栓をして冷蔵庫などで1〜2日休ませてみることを
 お試しください。(インポーターより)


 以下インポーター資料です。

 スイスの名門レストラン「ジラルデ」にてソムリエを
 務めていたフィリップ・ジャンボン氏は、ある時口に
 したグラムノンのワインをきっかけに、「自然派ワイン」
 の素晴らしさに心打たれたといいます。その後、リヨン
 の小さなビストロに移り、ダール・エ・リボをはじめと
 する様々な自然派ワインと深く接するようになるなかで、
 彼自身も「このようなワインを造ってみたい」という想いが
 強くなっていったのです。

 そして、ついに1997年にボジョレー地区にて南向き斜面
 の樹齢の高い畑を手に入れ、自身のワインを造り始め
 たのです。当初、手に入れた畑は僅か1haで、畑仕事や
 醸造に必要な器具を満足に用意することもできず、醸造所
 やセラーですら自宅の物置を改造してなんとかワインを
 造っていたという状況でした。

 そんな彼も徐々に畑を買い足し、引越しを経て、満足いく
 ワインを造るための環境を整えてきました。現在、彼の
 セラーにはリリースを待つ(実験的に造られているキュヴェ
 を含む)様々なワインが眠っています。「どんなワインに
 育つかは、ワインだけが知っている。ある日ある時までに
 決まった味わいのワインを造ることはできないよ。」そう
 言い放つまでに、十分な畑での仕事と丁寧な醸造を行って
 いるのは言うまでもありません。

 栽培:
 畑を取得した時からずっと農薬や化学物質を廃した
 自然な栽培を行っています。現在は、ブドウの木のみ
 ならず周りの環境や他の植物とのバランスを非常に
 重要と考えているようで、死んでしまったブドウの木を
 抜いた後に、桃や他の果物の木を植えて、畑としての
 バランスをとろうと考えています。また彼の所有している
 畑の多くは周りの他の生産者の畑の影響を受けにくい
 環境にあり、自分の理想とする栽培が行える理想的な
 立地であるといいます。(隣接している生産者が
 売上不振のためワイン造りを止めてしまったり、
 高価な農薬が買えないために化学的な農法を
 行っていないなど、隣接している畑がすべて自然な
 状態であるといえます。)

 醸造:
 健全なブドウを活かし、天然酵母の力で自然に醗酵が
 進むのを待ち、人為的・技術的な介入は避けます。
 糖度が高く、醗酵が異常に長期間にわたる場合でも、
 急いで瓶詰めを行ったりはせず、ワインが安定し
 成長するまでじっと待ち続けます。「あるワインが
 いつ完成するかはわからない。」まさに生きている
 ワインをジャンボン氏は手がけているのでしょう。


 「ユンヌ トランシュ」 シリーズって何?

 今やボジョレー・マコン地域の自然派のヒーロー的な
 存在となったフィリップ ジャンボンが、彼を慕う若手や
 新たにビオに挑戦する生産者を応援する意味も込めて、
 「フィリップ ジャンボン セレクション」として 彼らのワインを
 ジャンボン ブランドでリリースするのが「ユンヌ トランシュ」
 シリーズです。

 一般的なボジョレーワインを作り続けていくのが
 経済的にも厳しくなる中、自然派に活路を見出して
 挑戦する若手・新規生産者たち。しかし、かといって
 今まで無名だった彼らのワインがいきなり評価される
 わけではなく、そもそも試飲してもらうことすら難しいことも。

 しかし、ワイン造りにおいて一切の妥協をしない
 フィリップ ジャンボンが認めたワインだとしたら…
 誰しもが一度は試してみようと思うのはないでしょうか!?

 「ボジョレーだから飲まない、ガメイだから嫌いなんてのは
 違うんだ。ワインで大切なのは人だから。」
 
 そんなフィリップのメッセージが込められたのが
 「ユンヌ トランシュ」シリーズなのです。当然ながら
 経験豊富なフィリップ本人のアドバイスをしっかり
 受け止めたワインたちなので、味わいは折り紙つき。
 フィリップ ジャンボンが自信を持ってリリースしています。

 ちなみに『ユンヌ』ではなく『ラ』 トランシュというワインも
 存在します。この『ラ』は英語で言うところの"The"にあたり、
 『ユンヌ』はひとつ、"a" という意味です。つまり友人たちの
 ブドウやワイン をセレクトしてリリースするユンヌ トランシュは、
 それぞれが一期一会、一回限りのオリジナルなものとして
 『ユンヌ』という冠詞を付けられていて、それに対して
 フィリップジャンボン 自身が所有する畑からとれた
 ブドウで、彼自身の手によって生み出される、
 生み出され続ける継続性のあるワインは、これこそが
 フィリップ ジャンボンのワインであるという意味を込めて
 『ラ』という冠詞が 付けられています。

 以上インポーター資料より抜粋しました。





11731

 フランス/ブルゴーニュ
 VdFユンヌ・トランシュ・メイド・イン・シェナ2016
 フィリップ・ジャンボン

 こちらは再入荷です。

 ヌーヴェルはかなり薄い色調
 でしたが、こちらは通常の赤ワイン
 の濃さです。ミネラル、赤黒果実、
 ハーブ、花など落ち着きのある
 香り。冷涼な果実味と酸、
 シルキーなタンニン、程よく厚みも
 あって、味わいの構成が素晴らしい
 です。チャーミングでエキス系の
 ヌーヴェルとは対照的なガメイです。
 飲み比べも面白いですよ!
 (コメント2020.6 再入荷時)

 以下インポーター資料より抜粋

 こちらは、代々ブドウ栽培を
 手がけていた家系に生まれ、
 自然派ワイン造りに取組むべく
 2014年に独立したドメーヌ ルイ
 ダミアンブシャクールの手に
 よるものです。人と自然との
 共生や関わりをワインに反映
 させるのをコンセプトにワイン造り
 に取組むルイダミアンは、
 ビオロジックによる栽培を採用し、
 自然酵母による発酵、1ヶ月に
 およぶ長めのマセラシオン、
 木樽での熟成を経て亜硫酸
 無添加で瓶詰めされます。

 昨年も同一VTが入荷していますが、
 それとは別に新たに入荷したロット。
 淡く少々濁った外観で、ピシッと
 1本筋の通った酸とスミレの様な
 香りを主体に、赤い小粒のベリー系
 果実の香りが徐々に立ち上ってくる
 感じが堪らなく心地良いワインです。
 味わいは、重心の低い落ち着きの
 ある果実味と同時にジワジワと
 立ち昇って来る旨味が両立しており、
 グラスの中で徐々に開かせると
 全体のバランスが整い球体のような
 丸みを帯びてきます。熟成した
 ガメイが好きな方にはベストな
 セレクトになること間違いなし!
 抜栓2日目は果実感が若干下がり、
 タンニンがハッキリと主張してきます。
 全体としては1日目よりストラクチャー
 がハッキリとし、より深みが感じ
 られるようになってくる。
 いわゆるマメ臭は無く、問題なく
 飲み進めることが出来るので、
 ゆっくりと楽しむことをオススメ致します。

 (インポーター:野村ユニソン)

(赤)750ml
3,300円

(税込3,630円)

数量を半角で入力

02623

 フランス/ブルゴーニュ
 VdFユンヌ・トランシュ・ヌーヴェル2017
 フィリップ・ジャンボン・セレクション

 ロゼのような淡く綺麗な色調。
 赤系果実、花、ハーブなど心地よく
 雰囲気のある香りに心躍らされます。
 エキス系のチャーミングな果実味と
 酸、味わいの構成はしっかりと
 していて、バランスの取れた
 味わいです。還元、揮発酸などの
 ネガティブな要素は微塵もなく、
 ナチュラルでピュアな美味しい
 ガメイです。

 以下インポーター資料より抜粋

 ユンヌ トランシュ ヌーヴェルは、
 フィリップ ジャンボンが大切に
 している「どんなワインに育つかは、
 そのワインだけが知っている。
 ある日ある時までに決まった
 味わいのワインを造ることは
 できない。」という哲学を尊重しつつ、
 解禁日などにとらわれずにじっくりと
 ワインと向き合って造るヌーヴォー
 (新酒)のようなフレッシュでいきいき
 としたスタイルのワインをという
 リクエストに応えて生まれたワイン。
 リリースのタイミングは、一般的な
 生産者のクリュ ボジョレーワインと
 変わらない時期で、贅沢な熟成期間
 を経た、もはやヌーヴォーという
 概念を超えた堂々としたワイン。

 このワインを手がけるのは、
 レニエを中心に2haほどを所有し、
 古くからビオロジックによる栽培を
 続けるジェラール ベレイ。
 フィリップ ジャンボンのバックアップ
 の下で、自然酵母による発酵、
 瓶詰め時の亜硫酸無添加など
 ピュアな自然派ワインの手法を
 採用。

 一瞬ロゼ?と思わせる淡く美しい
 色調からは想像が出来ない構成が
 しっかりしたワイン。イチゴや
 ラズベリーといった赤い果実の
 ニュアンスを感じさせつつ、
 時間とともに黒糖やコンフィチュール
 の様な複雑で明るい外向的な
 印象を感じられます。口に含むと
 旨味のあるタップリとした果実味を
 感じつつも、下支えしている酸が
 全体を軽やかにまとめています。
 ガメイらしいシンプルでストレートな
 印象が心地良く、飲み心地の良い
 スタイルでいわゆる薄旨と
 カテゴライズされるナチュラルワイン
 が好きな方には堪らない1本です。
 抜栓2日目は少々果実味が優しくなり、
 全体的に丸い印象になりますが、
 いわゆるマメが出る事はなく、
 1日目のスルスル感は健在です。

 (インポーター:野村ユニソン)

(赤)750ml
3,300円

(税込3,630円)

数量を半角で入力


@このページに関するご意見ご希望はメールでどうぞ@
当サイトの無断複写・転写は厳禁です。ご一報下さい。