トップページへワインメニューへフランスワインリストへかごの中身を見る買い物かごがうまく動作しない場合のご注文ご注文方法

Philippe Pacalet(フィリップ・パカレ)


 自然派ワインのスーパースターである「フィリップ・パカレ」は
 自然派ボジョレーの重鎮である「マーセル・ラピエール」の甥で、
 あのプリューレ・ロックの醸造長を10年間つとめ、そしてDRC
 (ロマネ・コンティ社)のヘッドハンティングを断ったという
 経歴の持ち主です。
 デビューと同時にいきなり話題を独占して、トップ・ドメーヌとしての
 地位も確立してしまった末恐ろしい造り手です。

 ブルゴーニュの2003年ヴィンテージにありがちな、ジャミーで
 酸の低いものを想像して心配していましたが、パカレに限っては
 そんな心配は無用だったと確認しています。
 「ラ・コンブ」や「シャソルネイ」もそうでしたが、例年よりやや低めの
 酸ではあるのでしょうが、それを感じさせない綺麗な酸を感じるのは、
 高い次元でのワインの完成度があるからでしょう!そしてビオ特有の
 還元香は全体として気にならない程度です。パカレフリークの方は
 もちろんですが、是非パカレ未体験の方には是非お試し頂きたい
 おすすめの造り手です。


フィリップ・パカレのリストはこちらへ移行いたしました


@このページに関するご意見ご希望はメールでどうぞ@
当サイトの無断複写・転写は厳禁です。ご一報下さい。