トップページへワインメニューへフランスワインリストへかごの中身を見る買い物かごがうまく動作しない場合のご注文ご注文方法

Domaine Saint-Jacques(ドメーヌ・サン・ジャック)


 2000年が初ヴィンテージの日本では無名な生産者ですが、
 2000年の「リュリー ラ・フォス」がワイン王国14号で
 ベスト・バイに選ばれている秀逸な生産者です。
 当主のクリストフ氏はまだ若いながらも、有機栽培を実践し
 (2001年ヴィンテージからはビオデナミに登録しています)
 ワイン造りに情熱を燃やしています。

 <以下インポーター資料より抜粋>
 ブルゴーニュ・モンテリ村に住んでいた現当主の父クリストフ・
 グランモーガンがワインへの情熱に駆られて、1955年に
 このドメーヌを手に入れたことからこのドメーヌの歴史は
 始まります。しかし、創立者のクリストフ・グランモーガンは
 1979年にリタイアしてしまい、畑は近所の生産者に契約の
 もと貸し出されました。それを見ていた現当主のクリストフは、
 当時わずか10歳であったにも関わらず、いつか父の跡を継ぐ
 決意をします。そして、彼は16歳になった時、ボーヌで
 醸造とブドウ栽培の勉強を始め、貸借契約が切れた
 1991年にとうとう父のドメーヌ・サン・ジャックを自分のものと
 しました。

 しかし、畑を自然の良い状態に戻すためにはその後に数年の
 月日を要し、彼が31歳 となった2000年、ついに有機栽培を
 実現した完璧なワインが出来上がりファースト・ヴィンテージを
 リリースしました。
 2004年には正式に有機栽培の認定を受けることになります。
 <以上インポーター資料より抜粋させて頂きました。>


現在こちらの造り手の在庫はございません。


@このページに関するご意見ご希望はメールでどうぞ@
当サイトの無断複写・転写は厳禁です。ご一報下さい。