トップページへワインメニューへフランスワインリストへかごの中身を見る買い物かごがうまく動作しない場合のご注文ご注文方法

ラファエル・バルトゥッチ(Raphael Bartucci)


 ラファエル・バルトゥッチはブルゴーニュの東、
 スイスとの国境に近いサヴォワのトップ生産者です。

  以下インポーター資料です。

 イタリアで電気関係の仕事をしていたバルトゥッチは、
 ある日旅行でビュジェイ・セルドンを訪れます。
 その土地に数年後に引っ越して自らがワイン造りを
 することになろうとは・・・。

 彼を一目で魅了したメリニャ村は、静かな美しい町。
 そして、一度飲んだら忘れられないやさしいワイン
 「ビュジェイ・セルドン」の産地です。

 1983年に畑を購入し、2から3年ごとに少しづつ増やしています。
 ひとりで作るには2haが精一杯と言う彼がワイン造りにおいて
 大事にしている事は「補糖せずにワインをつくる事、幸い
 セルドンは日照が少なくても待つ事が出来るからね。」と語ります。

 畑は、標高450m、傾斜70度の場所に1980年と90年に植えた
 プルサールが、その他南西と東向きの場所にガメィが植えられて
 います。2から3年に1回荒地を購入し、1年目にブドウの木を植え、
 2年目に杭(40cm埋める)とワイヤーを張る作業をしています。
 朝露に濡れた粘土質の畑は、スニーカーで見学すると靴底が
 すぐに3cmは泥で厚くなるほどです。うさぎが来るので電流の
 流れるワイヤーを貼りぶどうを守っています。
 
 メリニャの4件の生産者が共同で使用する瓶詰所の機械の
 メンテナンスは、前職を生かしたバルトゥッチがほとんど
 メンテナンスを請け負っており、他の生産者からも頼りに
 されています。

 以上インポーター資料です。



12570

 フランス/サヴォワ
 ビュジェー・セルドンMアンセストラル(2019)
 ラファエル・バルトゥッチ

 製法はメトード・アンセストラル、
 糖分の添加は無しに、葡萄の自然の
 甘さのみで仕上げています。ほんのり甘く、
 チャーミングな味わいで、フレッシュな
 苺の風味が堪らなく美味しいです。
 癒されたい方是非お試し下さい。

 以下インポーター資料です。

 ガメイ、プールサール

 暑かった2018年と同じような赤み掛かった
 濃いロゼ色。フレッシュな苺や
 フランボワーズそのものを潰したような
 爽快な香りとベタつかない甘み、
 ほんのりとほろ苦さを湛える端正な
 風味のバランスは、とにかく癒しを
 感じさせてくれる繊細な味わいの
 ロゼスパークリングです。密度のある
 甘みはすべてブドウ由来のもので、
 嫌らしいベタつきは無くキレがありつつ、
 マリネした苺のような集中度を感じられます。
 食前に飲めば食欲を刺激しますし、
 食後にデザートなどと一緒に楽しめば、
 爽快な余韻を楽しむことができます。

 さくらんぼやいちごなどの果実の
 ピュアな甘みは、酸味ともバランスがとれ
 可愛らしくも気品があり、春先に飲むべき
 と言われるセルドンですが、バルトゥッチは
 夏を越して落ち着かせてからも
 楽しめ、大活躍してくれそうです。

 (インポーター:野村ユニソン)

(ロゼ・泡)750ml
2,650円

(税込2,915円)
完売



@このページに関するご意見ご希望はメールでどうぞ@
当サイトの無断複写・転写は厳禁です。ご一報下さい。