トップページへワインメニューへフランスワインリストへかごの中身を見る買い物かごがうまく動作しない場合のご注文ご注文方法

マッサ・ヴェッキア(Massa Vecchia)


 マッサ・ヴェッキアはフランスで言えばサンソニエール
 やクルトワ等の、いわゆる循環型農法を実践する
 イタリアの自然派生産者です。

 <以下、インポーター資料>

 ファブリッツィオ・ニコライーニとその家族によって
 営まれる彼らのワイナリーは、トスカーナ州の南端
 グリッセート県のほぼ中央に位置するマッサ・
 マリッティマにある。1986年より、標高200〜450m
 のところにある2.1ha の畑から始め、現在は3haで
 ブドウを栽培。土着品種であるヴェルメンティーノ
 やサンジョヴェーゼ、アリカンテを中心に、土壌や
 ブドウの特性をより自然な形でワインに表現
 できたらと考えている。当初から一切の化学肥料を
 使わない有機農法を実践、現在では家畜の飼育・
 その家畜に与える餌の生産・ワラや残根と家畜の
 糞尿から完熟堆肥の生産、これらの全てを
 自分たちでまかなう循環型農法を実践。
 ワイン造りでは、野生酵母のみを使用して、木製の
 開放醗酵槽でのマセレーションと醗酵を行い、
 春先の樽の移し変え時かボトリング゛時の
 2酸化硫黄の添加もごく少量に抑えるなど、
 温度管理や化学合成物による人為的なコントロール
 をせずに醸造を行い、年間約10000 本を生産。
 近年ではフランス・アルザスの生産者ジェラール・
 シュレールの現当主ブリュノ氏と親交を深め、
 栽培・醸造の両面で影響を受けあっている。

 〜インポーター資料より抜粋〜


マッサ・ヴェッキアのリストはこちらへ移行いたしました。


@このページに関するご意見ご希望はメールでどうぞ@
当サイトの無断複写・転写は厳禁です。ご一報下さい。