トップページへワインメニューへフランスワインリストへかごの中身を見る買い物かごがうまく動作しない場合のご注文ご注文方法

ボディガ・マラニョネス(Bodega Maranones)


 スペインの自然派ワイン「ボディガ・マラニョネス」。
 以前から知っていた造り手でしたが、改めてテイスティングして、
 その美味しさを再確認、取扱いを決めました。
 スペインと言うと濃い味わいの印象が強いですが、
 このマラニョネスは全く違います。酸があってミネラルがあり、
 そしてエレガントな纏まりが全てのワインに備わっています。
 綺麗ですし満足感のある自然派ワインです。
 (コメント2014.1 当店初入荷時)

 <以下インポーター資料です。(コメント:新井順子さん)>

 自信を持ってご紹介させて頂く、スペインワイン。
 2012年のVini Japonでも来日しましたので彼(フェルナンド・
 ガルシア)に直接会った方も大勢いらっしゃると思います。
 Vini Japon 2008年に来日したオリヴィエ・リヴィエール
 に続くスペイン第二段です。

 オリヴィエがリオハのパイオニアなら、フェルナンドは1990年
 に認定されたDO/ Vinosde Madrid(ヴィノス・デ・マドリッド)の
 ナチュラルワインのパイオニアと言っても過言ではありません。
 マドリッドはご存知ヨーロッパで一番の高地にある首都。
 そのマドリッドから70qの所で高度は600〜800mにおよび、
 凍りつく冬と焼けつくような夏とを兼ね備えております。

 1978年マドリッド生まれ。お父様は図書士と全くワイン作りとは
 無縁の仕事をしております。しかし毎週家族でマドリッド周辺の
 田舎にピクニックに出かけるのが、ガルチア家の習慣で、
 フェルナンドは小さい頃から自然の中で遊ぶのが大好きで、
 田舎にいる方が大都会マドリッドよりも落ち着くように
 なったのです。それが影響してか、大学は農学部を選び、
 農業全般を研究しました。そして最終的に興味を持ったのが
 ワイン。それもごく自然に足を入れていたのです。
 マドリッドにラ・ビーニャというパリにもお店がある、
 有名な酒屋さんで勤め、スペインの色んな生産者の所で
 働き、その間色んな生産者を訪問しました。

 彼が個人的に好きなワインはスペインのワインより、
 フランスワイン。ロワールやブルゴーニュが大好きで、
 ワインに一番重要なのは酸味とミネラル、これをどうやって
 スペインワインに取り入れるのか???いつもそればかり
 考えておりました。結果彼が興味を覚えたのがバイオ
 ダイナミックです。スペインにはあまり情報がありません。
 ですからフランスのサロンに出かけては自ら情報を
 探すのでした。

 そんな中、オリヴィエ・リヴィエールと出会います。
 若い彼らはいつも美味しいワイン作りについて討論し合い、
 一歩出遅れているスペインにも新風をと自らワインを作る
 事を決意。そんな彼に1つのチャンスが訪れました。
 弁護士のFernandCORNEJO氏との出会いです。
 彼は15haの畑を持っておりますが、それは自然が好きで、
 あまりワイン作りに興味があった訳ではありませんでした。
 彼は貴族の出身で沢山の資産を持っているのです。
 そんなコルネホ氏と同じ名前のフェルナンドは意気投合。
 もともとフェルナンドは農業学者というタイプでとても
 インテリな理論もしっかりしている常識派。生産者と紹介
 されなければワイン作りをしている感じには見えません。
 15haある畑は全てが古い樹齢で平均60年位です。
 どれも素晴らしい畑です。

 何故かというとこの地も例外なくフィロキセラに悩まされ、
 その後葡萄を植えかえ、その世代の畑なので全てが
 60〜80年という古い畑が今も財産のように存在しているのです。
 白はアルビーリョ(ARBILLO)という土着の品種のみ。
 赤はグルナッシュが一番多く、カリニャン・テンプラ二―ニョ・
 シラーと植わっております。15ha畑があっても1haあたり
 1000〜1500本しか葡萄が植わっていないので、
 生産量はとても少ないです。

 何故なら畑の周りはオリーブやブラックベリー・プラム等々
 色んな植物が植わっております。特に珍しいのが栗の木です。
 普通北スペインにしか生息しないのですが、ここは標高800mと
 高くその為栗が育つのです。年間雨量も600〜800oと
 ワインには理想的です。葡萄畑はいくつかに点在しており、
 1つ1つが個性的。特にグルナッシュが色んな畑にあって、
 砂地にシリカの畑や粘土石灰質等々、畑を見学するだけで
 2時間もかかりました。スペインは太陽が豊富で他の産地
 では太陽をいかに葡萄に取り入れるかが課題ですが、
 ここではいかに太陽をあてないようにするかが重要になります。
 北向きの畑の方が良かったり、葡萄の枝を手で包んで
 太陽を葡萄に当てないような努力がなされます。

 そこの畑は標高1000m、大きな岩のような石が沢山合って、
 そこに葡萄が植わっているので自然と根が下に下に伸び、
 結果ミネラルが沢山取り入れられるのです。敷地の中に
 空き地があって、将来グルナッシュを植樹するそうです。
 何故この品種か?との問いに、テンプラニーニョだと
 ここでは渋みが強すぎて固いワインになってしまい、
 シラーもフローラルなのが生まれにくい、との事。
 スペインも広いのです。

 我々のイメージはどうしてもテンプラ二―ニョですが、
 そんなおおざっぱではないのです。彼のワインを飲んで下さい。
 全て主張があり、素晴らしいアロマとミネラルでまるで
 フランスワインです。こんなスペインワインも
 愛情があれば誕生するのです。

 これからどんどん素晴らしいワインを作って貰いたい、
 まさにスペインの将来を背負って立つ超期待の新人です。

 栽培方法:ビオディナミ            新井 順子

 以上インポーター資料



04341

 スペイン/マドリッド
 ピカラナ2015ボディガ・マラニョネス

 ミネラリーで旨みがあって、綺麗な
 酸が印象的な味わいです。
 バランスが抜群に良く、アフターに
 あるビターなニュアンスが味わいを
 引き締めてくれています。価格も
 リーズナブルでコストパフォーマンス
 も抜群です。
 (コメント2018.3)


 <以下インポーター資料です>

 品種:アルビーリョ100%
 面積:5.2ha
 標高:650から850m 向き:南西
 樹齢:30から70年
 土壌:花崗岩質に砂利質を含む
 収量:15から20hl/ha 収穫:手摘み
 醸造:
 低温で12から20時間の醸し、
 空気圧搾500から700Lのフレンチ
 オークで10 ヶ月
 発酵・熟成 自生酵母のみ使用。

 SO2
 収穫後:20mg/L 発酵後:20mg/L
 トータル:42mg/L

 アルコール度数:14%

 コメント:
 マドリッド近郊で標高650mを超える
 4区画の高樹齢のアルビーリョを
 低温で醸し、プレスしフレンチオーク
 で発酵・熟成しました。淡いホワイト
 イエローから、青りんごの涼やかな
 果実の芳香が拡がります。瑞々しい
 上に太陽の厚みを感じる芳醇な
 果実とミネラル感はまるでピクプール
 を連想する味わいで、上質な酸に
 甘やかなニュアンスが口あたりよく、
 アフターの満足感を助長してくれます。

 (インポーター:ディオニーJ)

 ※残り1本

(白)750ml
2,320円
(税別)
※消費税が別途加算されます

数量を半角で入力

09586

 スペイン/マドリッド
 ピカラナ2016ボディガ・マラニョネス

 ミネラリーで旨みがあって、綺麗な
 酸が印象的な味わいです。
 バランスが抜群に良く、アフターに
 あるビターなニュアンスが味わいを
 引き締めてくれています。
 価格もリーズナブルで
 コストパフォーマンスも抜群です。

 <以下インポーター資料です>

 品種:アルビーリョ100%
 面積:5.2ha
 標高:650から850m 向き:南西
 樹齢:30から70年
 土壌:花崗岩質に砂利質を含む
 収量:15から20hl/ha 収穫:手摘み
 醸造:
 低温で12から20時間の醸し、
 空気圧搾
 500から700Lのフレンチオークで
 10 ヶ月
 発酵・熟成 自生酵母のみ使用。

 SO2
 収穫後:20mg/L 発酵後:20mg/L
 トータル:52mg/L

 アルコール度数:14%

 コメント:
 マドリッド近郊で標高650mを
 超える4区画の高樹齢の
 アルビーリョを低温で醸し、プレスし
 フレンチオークで10 ヶ月間発酵・
 熟成しました。春霜の影響で
 アルビーリョのみ被害を受け収量が
 激減した2016年でした。オレンジを
 帯びたホワイトの外観から
 青バナナやリンゴのアロマ、
 ストレートなアタック、ふわりとした
 柔らかい口あたりにじわりと拡がる
 旨味が食欲をそそる味わいです。

 (インポーター:ディオニーJ)

 (2019.5 入荷)

(白)750ml
2,480円
(税別)
※消費税が別途加算されます

数量を半角で入力

04340

 スペイン/マドリッド
 トレンタミル・マラヴェディエス2016
 マラニョネス

 赤系果実、スパイス、ハーブなど
 雰囲気のある香り。綺麗な果実味
 があって、エレガントでエキスに
 詰まった旨みと酸とのバランスが
 見事です。セパージュを考えると
 信じられない冷涼感のあるスタイル
 です!!コストパフォーマンスも
 良く滅茶苦茶美味しいです!!

 (コメント2019.5 入荷時)

 以下インポーター資料より抜粋

 呼称:ヴィノス・デ・マドリッド
 栽培/認証:ビオディナミ/  -
 <テロワール>
 土壌:花崗岩 砂利
 標高・向き:650から800m・南西
 収量:.25hl/ha
 品種:
 ガルナッチャ90%、
 シラーとモレニーリョ10%
 (手摘み/ 30 から70年)

 <醸造>
 酵母:自生酵母
 発酵:
 除梗せず、低温で醸し
 30から40hlの木樽で発酵、
 ピジャージュ

 熟成:
 300から500Lの古樽で8 ヶ月熟成
 アッサンブラージュして45hlの
 樫樽で2ヶ月熟成
 SO2:
 収穫後:20mg/L 発酵後:20mg/L
 トータル:44mg/

 アルコール度:14%

 <特徴>
 標高650mを超える7区画の花崗岩と
 砂利土壌に植わる高樹齢の
 ガルナッチャを主体に低温で醸し後、
 木樽で発酵、ピジャージュ、古樽で
 熟成した後、アッサンブラージュし
 木樽で熟成しました。16年は
 高温多湿でガルナッチャにとって
 良いミレジムとなりました。淡い
 ルビーの外観からザクロやイチゴ
 のフルーティーな香り、瑞々しい
 口あたり、程良いエキス感と
 タンニンが足並みを揃えます。

 (インポーター:ディオニーJ)


(赤)750ml
2,130円
(税別)
※消費税が別途加算されます

数量を半角で入力


@このページに関するご意見ご希望はメールでどうぞ@
当サイトの無断複写・転写は厳禁です。ご一報下さい。