トップページへワインメニューへフランスワインリストへかごの中身を見る買い物かごがうまく動作しない場合のご注文ご注文方法

Domaine Jean-Baptiste Lebreule(ドメーヌ・ジャン・バティスト・ルブイユ)


 あまり知られていない造り手ですが、以下に
 インポーターの資料からコメントを抜粋しました。

 『1935年にポール・ルブルイユ氏とその妻が
 祖母の畑を継いでから始まったドメーヌですが、
 当時ワインは樽で売買されていて、
 ネゴシアンによって生活が成り立っていました。

 1958年ポール氏の息子のピエール・ルブルイユ氏が
 ドメーヌに入り家族経営のドメーヌとなり、
 ピエール氏はボーヌ農業学校にて、剪定、
 接木の方法、土の手入れ、醸造学などを詳しく
 学びました。この頃は本当に小さなドメーヌで
 あった為、他の生産者へも手伝いに行って
 生活を支えていたほどでした。

 1965年、徴兵から帰ったピエール氏はシャンボール・
 ミュズニーの生産者の娘オディル・シャルロットさんと
 結婚し、フェルマージュを始め、アペラシオン・
 ヴィラージュ、1級を合わせて7haとなり、
 1999年息子のジャンバティスト氏がボーヌの醸造学校を
 卒業し、ドメーヌに入りました。』


現在、こちらの造り手のワインの在庫はございません。m(_ _)m



@このページに関するご意見ご希望はメールでどうぞ@
当サイトの無断複写・転写は厳禁です。ご一報下さい。