トップページへワインメニューへフランスワインリストへかごの中身を見る買い物かごがうまく動作しない場合のご注文ご注文方法

ルドヴィック・シャンソン(Ludovic Chanson)


 以下インポーター資料です。

 ロワール/モンルイに無農薬の畑でワインを造っている
 AlexMathur(アレックス・マチュー)というワイナリーが
 ありました。そこの醸造家のエリックは2007年まで
 たった1人でワインを造っておりました。

 ワイン造りを勉強する為に2005年にアンボワーズに
 入学したルドヴィック・シャンソンは、友人がエリックの所
 に見習いで働いた経緯があり彼と知り合い、同じ無農薬
 のワインを造りたくてエリックと意気投合して2008年に一緒
 にワイン造りを始めました。しかしその後、色んな諸事情で
 2009年からルド(ルドヴィック)が100%オーナーとなり、
 エリックはワイナリーAlexMathurをルドに売却。ルドはたった
 1人で切り盛りする事になりました。

 そしてそれを機にワイナリーの名前も変更、自分の名前を
 取ってLudovic Chansonという新しいワイナリーが誕生した
 のです。1971年Toursの生まれのルドヴィック・シャンソン。
 Tours大学を卒業した後、生命科学を専攻し15年間
 Biologisteとして働いていたが、ワインに興味が変わり、
 学生に戻りました。そして最終的に選んだのは
 やはり生まれ故郷のロワールです。実はグレゴリー・
 ルクレール氏(ドメーヌ・シャウ・エ・プロディージュ)
 と大の仲良し。

 それもそのはず、2005年のアンボワーズの学校で
 一緒に机を並べた仲なのです。高校を卒業してから
 入学する生徒が多い中、社会人の枠で知り合いました。
 そのクラスには何人かの社会人はいたれけども、
 実際自分でワイン造りを始めたのは、たった3人、
 それだけ現実は厳しいです。その3人の中の2人
 ルドとグレゴリーは、何か解らない事があると2人で
 助け合ってワイン造りを行っております。でも2人共、
 それぞれたった1人でワイナリーを始めた一匹狼同士、
 どんなに仲が良くてもいつも孤独と隣り合わせの
 現実の中、熱い情熱をもって畑で仕事をしております。
 ルドが引き継いだ畑はモンルイなので、シュナンブラン
 がメインで4.6ha、さらにシャルドネが0.75ha、
 ソーヴィ二ヨンブランが0.85haと全て白品種です。
 (新井順子)



11476

 フランス/ロワール
 ロゼ・ペティアン・イチゴ2016ルドヴィック・シャンソン

 ルドヴィック・シャンソンの人気の
 ロゼ・ペティアンが入荷してきました。
 イチゴというキュヴェ名ですが、
 味わいはドライでシャープ、
 バランス抜群の美味しい
 ロゼ・ペティアンです。

 淡いロゼカラーが印象的なご機嫌な
 ペティアンです。程よくクリーミーな
 泡があって口の中で弾けます。
 ドライでビターなニュアンスのある
 果実味、旨みもあって綺麗な酸が
 バランス良く纏まっています。
 名前からして甘酸っぱい印象を
 持ちますが、残糖は無く、ドライで
 シャープな印象のロゼ・ペティアン
 です。是非、お試し下さいませ。

 (コメント2019.2 入荷時)


 以下インポーター資料より抜粋

 呼称:ヴァン・ド・フランス
 栽培/認証:-/ -
 <テロワール>
 土壌:泥土石灰
 標高:20から30m
 面積・収量:0.3ha・45hl/ha
 品種:
 ピノ・ドニス80%、ガメイ20%
 (手摘み/平均40年)

 <醸造>
 自生酵母、
 グラスファイバータンクで5 ヶ月
 発酵・熟成
 糖と酵母が残った状態で瓶詰め、
 4ヶ月瓶内熟成
 無濾過・無清澄

 SO2:
 瓶詰め時:20mg/L トータル:29mg/L

 ガス圧:4.2気圧

 アルコール度:12.5%

 <特徴>
 粘土石灰土壌で育つ買いブドウの
 ピノドニスとガメイをプレスしグラス
 ファイバータンクで5ヶ月発酵、
 アルコールと糖が残った状態で
 瓶詰めし、瓶内熟成後デゴルジュマン
 しました。クリアな杏色の外観から
 イチゴやキャラメルの香りを
 感じます。フレッシュイチゴの優しい
 ニュアンスからややビターで旨味系
 の印象が色濃くなり、程良いアフター
 の辛口感がシャープな印象を
 演出します。

 (インポーター:ディオニー)

(ロゼ・泡)750ml
2,600円
(税別)
※消費税が別途加算されます
完売



@このページに関するご意見ご希望はメールでどうぞ@
当サイトの無断複写・転写は厳禁です。ご一報下さい。