トップページへワインメニューへフランスワインリストへかごの中身を見る買い物かごがうまく動作しない場合のご注文ご注文方法

エンヴィナーテ(Envinate)


 ラシーヌさん一押しの自然派スペインワイン。
 高樹齢で自根のブドウで造られる、エレガントで
 奥深く骨格のしっかりとしたワインを生み出します。
 長期熟成も期待できる高いポテンシャルを誇ります。


 以下インポーター資料より抜粋

 生産地域:
 Canary Islands, Galicia, Extremadura and Almansa
 カナリア諸島、ガリシア、エストレマドゥーラ、アルマンサ

 オーナー/醸造責任者/栽培責任者/コンサルタント:
 Roberto Santana ロベルト・サンタナ(カナリア諸島)
 Alfonso Torrente アルフォンソ・トレンテ(リベイラ・サクラ)
 Laura Ramos ラウラ・ラマス(ムルシア)
 Jose Martinez ホセ・マルティネス(アルマンサ)

 【ドメーヌについて】
 ドメーヌ創業年: 2008年
 ドメーヌ解説:
 エンビナーテ(「ワイン、あなた自身」という意味)は、ワイン
 メーカー仲間の4人組、すなわちロベルト・サンタナ、
 アルフォンソ・トレンテ、ラウラ・ラモス、ホセ・マルティネスの
 構想から生まれた。この4人組は、アリカンテのミゲル・
 エルナンデス大学で醸造学を学んでいた、2005年に結成さ
 れた。大学卒業後、彼らはワイン造りのコンサルタント業を
 始め、これがのちに「エンビナーテ」へと発展することになる。
 彼らは、リベイラ・サクラやカナリア諸島といった、主として
 太平洋気候から影響を受けた地域で、個性的な畑地
 (パーセル)に焦点を当てるプロジェクトを進めてきた。
 そのグループとしての目的は、明快かつ簡潔な表現法で
 もって、各畑のterruno(テルーノ;テロワール)を体現する、
 あくまで純で真正なワインを造ることにある。

 【畑について】
 栽培方法: リュット・レゾネ
 その栽培方法の開始時期: ドメーヌ設立以来
 その栽培方法を適用している畑名:すべての畑に適用
 栽培方法の将来的な展望:
 常に変わらず現在と同じ栽培法を続ける

 認証機関:
 認証は取得していないが、畑は出来る限り自然な農法を
 心がけている

 土壌:
 火山性(カナリア諸島)、スレート粘板岩と
 花崗岩(リベイラ・サクラ)

 微気候: 海洋性気候
 自社ブドウ畑面積:
 カナリア諸島は7ha(すべてピエ・フランコ)、
 リベイラ・サクラは4ha

 契約ブドウ畑面積: 22ha
 自社ブドウ畑の数: カナリア諸島:15、ガリシア:12
 自社栽培ブドウ品種数:35種

 仕立ての支柱の素材:
 木、亜鉛メッキした金属

 仕立ての添え木の素材:
 木、亜鉛メッキした金属

 堆肥:家畜の糞と、購入物を使用

 【醸造について】
 酵母のタイプ: 野生酵母
 圧搾方式:
 手動にて垂直式プレスを使用(リベイラ・サクラ)、
 空気圧式プレス(カナリア諸島)

 醗酵容器の素材と容量:
 コンクリートタンク(3100L)、木樽(228-600L)、
 開放槽(500-1000L)

 熟成容器の素材:
 ニュートラルなフランス製オークバレル

 年間生産本数:
 16500本(カナリア諸島)、17000本(リベイラ・サクラ)




06072


画像は2017年ですが、
現品は2018年です。

 スペイン/アルマンサ
 アルバーラ2018エンビナーテ

 しっとりとしてしなやかな果実味、
 シルキーで質の良いタンニンが
 ワインに溶け込んでいて、ドライで
 バランス良いワインです。
 リーズナブルなワインですが骨格が
 しっかりとしていて、非常にハイレベル
 なワインに仕上がっています。


 以下インポーター資料です。

 品種:
 ガルナッチャ・ティントレラ70%
 モラビア・アグリア30%

 樹齢年:1988年頃、1978年頃
 位置:700、800m、平地

 土壌:
 ガルナッチャ・ティントレラの畑は
 粘土質、白亜質。モラビア・アグリア
 の畑は粘土質、砂質、白亜質。

 醸造:
 セメントタンクで2週間マセレーション。
 セメントタンクとバリックで熟成。

 (インポーター:ラシーヌ)

(赤)750ml
2,030円
(税別)
※消費税が別途加算されます

数量を半角で入力

11844

 スペイン/カナリア諸島
 パロ・ブランコ2017エンヴィナーテ

 硬質なミネラルと透明感のある
 味わい。ドライでバランス良く
 素晴らしい纏まりがあります。

 (コメント2019.7 入荷時)


 以下インポータ資料より抜粋

 リスタン・ブランコ

 植樹:1910年代以前
 位置:標高700m、北向き
 土壌:火山岩土壌、玄武岩

 コンクリートタンクで12時間の
 マセレーション
 2500L樽で12ヵ月間熟成
 ワイン名は畑の呼称に由来。
 畑のあるオロターヴァと呼ばれる
 地域では、Cordon Trenzado
 (三つ編み仕立て)と呼ばれる、
 古い仕立て方を採用している。
 複数の苗を一か所に植えて、
 それをお互いに絡ませながら、
 枝を伸ばしていき、長いものでは
 10m以上にもなる。根本が一か所
 に固まっているので、冬の間は、
 枝を1方向にまとめてどかして
 おいて、他の作物を栽培する
 ことが出来る。100年以上も
 この地域で続く、昔ながらの
 栽培方法。

 (インポーター:ラシーヌ)

(白)750ml
3,800円
(税別)
※消費税が別途加算されます

数量を半角で入力

11845

 スペイン/カナリア諸島
 タガナン・パルセラ・マルガラグア2017
 エンヴィナーテ

 チャーミングな果実味、
 ピュアでバランス良く、非常に
 上品なまとまりを感じます。

 (コメント2019.7 入荷時)


 以下インポータ資料より抜粋

 ネグラモル、リスタン・ネグロ、
 モスカテル・ネグラ、
 その他土壌品種

 樹齢:100歳を超えるものも多い
 位置:標高300-450m、北向き
 土壌:火山性

 開放槽で28日間のマセレーション
 “MARGALAGUA”という名前は、
 「母なる水」を意味する。
 ビドゥエーニョと呼ばれる、昔ながらの
 栽培環境で、様々な品種が自根で
 混植されている。

 (インポーター:ラシーヌ)

(赤)750ml
3,980円
(税別)
※消費税が別途加算されます

数量を半角で入力

11846

 スペイン/カナリア諸島
 ミガン2017エンヴィナーテ

 複雑でしっとりとした果実味、
 エレガントで奥行きのある
 味わいです。

 (コメント2019.7 入荷時)

 以下インポータ資料より抜粋

 リスタン・ネグロ

 植樹:1910年代以前
 位置:標高300-600m、北向き
 土壌:2区画とも火山岩土壌だが、
 片方はより粘土質

 コンクリートタンク、開放槽で
 20-30日間のマセレーション
 ニュートラルな600L樽と228L樽で
 12ヵ月間熟成

 ワイン名は畑の呼称に由来。
 畑のあるオロターヴァと呼ばれる
 地域では、Cordon Trenzado
 (三つ編み仕立て)と呼ばれる、
 古い仕立て方を採用している。
 複数の苗を一か所に植えて、
 それをお互いに絡ませながら、
 枝を伸ばしていき、長いものでは
 10m以上にもなる。根本が一か所
 に固まっているので、冬の間は、
 枝を1方向にまとめてどかしておいて、
 他の作物を栽培することが出来る。
 100年以上もこの地域で続く、
 昔ながらの栽培方法。"

 (インポーター:ラシーヌ)

(赤)750ml
3,980円
(税別)
※消費税が別途加算されます

数量を半角で入力



@このページに関するご意見ご希望はメールでどうぞ@
当サイトの無断複写・転写は厳禁です。ご一報下さい。