トップページへワインメニューへフランスワインリストへかごの中身を見る買い物かごがうまく動作しない場合のご注文ご注文方法

フルーリー(Fleury)


 エルヴェ・ジェスタンがコンサルタントをする生産者ですが、
 シャンパーニュにおけるビオロジックの先駆者
 であることでも広く知られています。


 <以下インポーター資料です>

 フルーリーが、シャンパーニュにおける有機栽培の先駆者
 であることは広く認められています。 しかしながら、
 長らく個性あふれる造り手のシャンパーニュに情熱を
 傾けてきた私たちにとって、「有機栽培ワイン」以上の
 興味を惹くような存在ではありませんでした。
 が、最近のサロンでテイスティングしてみて、味わいに変化が
 感じとれました。さらに2008年から、フルーリーはエルヴェ・
 ジェスタンとコンサルタント契約をして、根本的な革新を
 図りはじめました。20年以上に及ぶ有機栽培の歴史に、
 新しいページが始まるのです。
 なんと素敵な展開ではないでしょうか。

 ドメーヌ解説:
 3世代に渡る開拓者
 1895年以来、フルーリー家は代々「革新」を信条とし、
 家族経営のドメーヌとして続いてきた。

 1901年:
 シャンパーニュ畑はフィロキセラの来襲に見舞われる。
 ヴィニュロンであり苗木屋であるEmile Fleury(エミル・
 フルーリー)は、フィロキセラ耐性の大樹を用いた
 ピノ・ノワールをこの地域に導入した。

 1929年:
 経済危機到来。ブドウ果の価格とネゴシアン製シャンパー
 ニュが暴落したため、Robert Fleury(ロバート・フルーリー)
 は自社でシャンパーニュを造りだした。つまりシャンパーニュ
 南部において、レコルタン・マニピュラン先駆者の一人となった。

 1970年:
 環境保護(エコロジー)を自覚したスローガンを掲げ始める
 “どのような地球を子孫に残すのか?“
 Jean-Pierre Fleury(ジャン=ピエール・フルーリー 64歳)は、
 エコロジーへの省察と探求を開始し、有機農法による栽培を
 試み始める。

 1989年:
 畑の一部をビオディナミ栽培に転換し、1992年には畑全体に
 施す。

 2000年時点:
 クルトゥロンの小さな村で、25ヘクタールの畑を3人のヴィニュ
 ロンと彼らのチームがビオ・ディナミ栽培を実施。

 コート・デ・バールのテロワール:
 シャンパーニュ地方では、紀元1世紀からブドウが
 栽培されていました。その固有なテロワールは 
 ・北部に位置すること
 ・海洋性気候と大陸性気候の二面性があること
 ・地下の大部分は石灰質土壌である
 ・丘陵地の上で栽培がされていること

 ブドウ栽培地域の面積は、1927年に法律(AOC法)で
 確立されました。コート・デ・バールはかつて海で
 覆われていたパリ盆地の南東の露出した部分で、
 沈下していた時のパリ盆地の北東部分の隆起によって、
 形成されました。土地の浸食に続く河川の流れが、
 起伏のある谷と丸みのある丘をもたらしました。
 丘にはブドウ畑が規則正しく広がり、調和のとれた畑に
 並んで森があり、バランスのとれた景観が広がります。

 フルーリーの畑は、Seine(セーヌ)の流域のCourteron
 (クルトゥロン)の小さい村の近郊に位置します。
 数10キロメートル離れたところに水源があり、
 la Laignes(ラ・レーニュ)、l’Ource(ルルス)、
 la Sarce(ラ・サルス)の分流地点となっています。

 この地域は主に泥灰土で構成されています。
 すなわち粘土質石灰(アルジル・カルケール)は、
 多孔性の土壌で、ブドウへの水分や養分補給を十分に保ちます。

 これらの地層の露出は中生代(ジュラ、オックスフォード、
 キメリッジ階)のものです。地下土壌の特質により、
 適した品種が決まります。シャンパーニュにおける
 必要不可欠な3品種は、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエと
 シャルドネです。

 私たちの畑の90%はピノ・ノワールが植わっており、
 10%程度がシャルドネです。ピノ・ノワールは春の凍結に
 耐性を示し、ワインにコク、骨格と力強さをもたらします。

 シャルドネは、フローラルなアロマを持つフィネスをもたらし、
 緩やかに熟成を辿ります。

 私たちはブドウ樹を丘の上へと移植しました。
 そこは最上の日射の恩恵を受ける場所です。
 様々な小さく分割された区画があり、歴史の中で
 そのテロワールで生きていた人々の持つ名前がつけられ、
 昔から識別されてきました:Champraux
 (シャンプロー)、Val Prune(ヴァル・プリュンヌ)、Val Verot
 (ヴァル・ヴェロ)、Charme de Fin(シャルム・ド・ファン)、
 Les Mouilleres(レ・ムイエール)、Meambauche(メアンボシェ)..

 ビオディナミ栽培:
 1970年、栽培方法について、選択をしました:
 化学製品をやめ、堆肥と有機肥料を使うこと。
 除草剤の代わりに草刈り機と手作業で深耕すること、
 今日リュット・レゾネで使用されているような植物予防製品を
 極少量使用すること。先ず3haから開始し、1992年には
 所有畑全てに行いました。この後、ビオディナミへと
 転換していきました。自社畑15ha、ビオディナミをともに
 志してきた友人の畑8haのブドウを購入し、
 年間生産量は20万本。
 
 <以上インポーター資料より抜粋>



01833

 フランス/シャンパーニュ
 フルーリー・ボレロ・エクストラ・ブリュット2006

 厚みがあってフルボディのしっかりとした
 味わいのシャンパーニュです。
 口当たりはソフトで纏まりがあって、
 アフターが長くて綺麗な仕上がりです。
 ちょっとびっくりのポテンシャルの高さと
 完成度です。おすすめ!!

 <以下インポーター資料です>

 品種:ピノ・ノワール100%
 栽培面積:15ha
 樹齢、植樹本数:30年
 収穫量:70hl/ha
 土壌:粘土石灰質
 区画名:
 Val Prune(ヴァル・プルヌ)
 Charm de fin,Cote de Champraux
 (コート・ド・シャンプロー)
 Val verot,Meam bauche,Les mouilleres
 濾過:なし
 圧搾:伝統的なコカード(垂直圧搾機)
 発酵:タンク70%、オーク樽30%
 亜硫酸添加量:15/20mg
 全亜硫酸量:25/30mg
 味わい:
 魅力的な黄金色。乾燥した果実と
 ビスケットやパイのような香りが広がる。
 フルボディで味わいがあり、よく構成
 されていてなおフレッシュで素晴らしい
 アロマが表現されている。お食事に
 良く合う素敵なシャンパーニュです。

 (インポーター:ラシーヌ)

 (2018.12 入荷)

(白・泡)750ml
8,580円
(税別)
※消費税が別途加算されます

数量を半角で入力

05402

 フランス/シャンパーニュ
 フルーリー・セパージュ・ブラン・EXブリュット2009

 しっかりとクリーミーな泡、ドライでキリッと
 していてバランス抜群の味わいです。
 ラシーヌさんのシャンパーニュ試飲会でも
 ひときわ輝いていた1本です。

 以下インポーター資料です。

 品種:シャルドネ100%
 栽培面積:15ha
 樹齢、植樹本数:26年
 収穫量:60hl/ha
 土壌:粘土石灰質
 区画名:
 Val Prune(ヴァル・プルヌ),
 Charm de fin, Cote de Champraux
 (コート・ド・シャンプロー)
 濾過:珪藻土で濾過
 圧搾:伝統的なコカード(垂直圧搾機)
 発酵:タンク80%、オーク樽20%
 亜硫酸添加量:15/20mg
 全亜硫酸量:30/35mg
 味わい:
 魅力的な黄金色。乾燥した果実と
 ビスケットやパイのような香りが広がる。
 フルボディで味わいがあり、
 よく構成されていてなおフレッシュで
 素晴らしいアロマが表現されている。
 お食事に良く合う素敵なシャンパーニュ
 です。

 (インポーター:ラシーヌ)

 (2018.12 入荷)

(白・泡)750ml
7,650円
(税別)
※消費税が別途加算されます

数量を半角で入力

03008

 フランス/シャンパーニュ
 フルーリー・ド・リューロップ・
 ブリュット・ナチュールNV

 ピノノワール主体で造られるブリュット・
 ナチュール。しっかりとしたボディが
 あり、バランス良く、纏まりの良い
 味わいです。完成度が高く、これが
 スタンダード・クラスということに驚きです。
 是非、お試し下さいませ!!
 
 以下インポーター資料です。

 品種:ピノ・ノワール(85%)、シャルドネ(15%)
 樹齢:20から25年
 収穫量:10,000kg/ヘクタール
 プレス・醸造方法:
 伝統的なシャンパーニュプレス機
 (コカール製)、
 マロラクティック醗酵は行なう
 醗酵:オーク樽(11%)と温度管理可能な
 エナメル加工タンクを使用

 (インポーター:ラシーヌ)

(白・泡)750ml
5,450円
(税別)
※消費税が別途加算されます

数量を半角で入力



@このページに関するご意見ご希望はメールでどうぞ@
当サイトの無断複写・転写は厳禁です。ご一報下さい。