1 / 1

カサ・ベナサル2021 パゴ・カサ・グラン

通常価格
1,540円 (税込)


コストパフォーマンス抜群!
スペインの自然派ワインです。


モナストレル30%、シラー27%、
ガルナッチャ・ティントレラ20%、
プティ・ヴェルド12%、メルロー6%、
カベルネ・ソーヴィニョン5%のブレンド

醗酵:ステンレス・タンク醗酵
熟成:ステンレス・タンク熟成 8ヶ月

ベリー系の果実味、程よく甘みがあって柔らかな口当たり、バランスも良く、心地よいタンニンがあって本当に美味しいワインです。
スパイシーで、軽すぎず飲み飽きの来ない味わいで、デイリーワインとして完成度の高い仕上がりだと思います。そして何よりこの価格はびっくりさせられます。安すぎですね!

 (インポーター:モトックス)


※こちらのワインは再入荷に伴いヴィンテージが移行している場合がございます。何卒ご了承の上ご注文下さいませ。
商品コード:04885
  • 750ml
  • 自然派

数量:

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
  • 生産者情報

パゴ・カサ・グラン(Pago Casa Gran)


パゴ・カサ・グランは100%有機栽培造られる驚愕のコストパフォーマンスを誇るワインを生み出す
素晴らしい自然派生産者です。

以下インポーター資料です。

バレンシアで最も恵まれた地域の一つ、南部クラリアノに2004年に設立された新しいワイナリー。
もとは母親が何十年も前からワイン造りを行っていました。

畑にはワイン生産者だった祖父が約60年前にドイツの友人から譲り受けたゲヴュルツがあり、
かつて母がこのゲヴュルツで「Oro de Rhin」(ラインの金)というワインを造っていました。
これは父親のお気に入りでした。現当主カルロス氏への世代交代をきっかけに、改めて
ゲヴュツルの栽培にも着手し、地元だけでなく、国内外に広く自分たちのワインを広めようとしています。
畑は祖父の代から、ワイン造りは母親から受け継いだワイナリーですが、それを本格的な仕事にしたのは
現在のオーナー、カルロス・ラソ・ガルビ氏です。ガルビ氏はプリオラートの醸造家などとの交流から、
クオリティワイン造りへの様々なヒントを得て、栽培や醸造に活かしています。
畑のあるバレンシア南部クラリアノはこの地方で最も恵まれたテロワールを持つといわれます。
ガルビ氏は、伝統的な農法を大切に考え、畑では有機栽培を実践しています。
バレンシアでもこのワイナリーがある南部クラリアノは、最もよい地域とされています。
恵まれたテロワールをいかし、ブドウ畑では100%有機栽培を実践しています。
スペインでは珍しいゲヴュルツトラミネールは祖父がドイツから持ち込んだものです。
母の手によりワインとなりましたが、ワイナリー経営は一時中断。2004年に息子のカルロスが、
母の想いを受け継いでワイン造りを再興しました。
↓ワイナリーのHPです。
http://www.pagocasagran.com/

商品ラインナップ